TrueView運用のポイント | video-ad.net

video-ad.net(ビデオアド・ドット・ネット)

video-ad.net

運営会社LOCUS

TrueView運用のポイント:ただ動画を流すだけじゃない。効果を実感できる運用ノウハウがここにあります。

設計と設定で成否が決まる。さらに、最適化で成果が変わる。

  • CVパス設計:広告視聴ユーザーを、無駄なく効果的にCVに繋げるには予めどのようなルートでどのようにCVさせるかの設計が重要です。
  • 広告初期設定:Trueviewの基本メニュー4タイプと、オーバーレイやリマーケティングの組合せ、そしてターゲット設定など、目的に達成するための初期設定が重要です。
  • キャンペーン最適化:運用開始後は、YouTubeアナリティクスやGoogleAdWordsのレポートを見ながら、ターゲットや検索ワード、入札単価・価格などの継続的なチューニングが必要です。
  • コンテンツ最適化:動画広告の場合、広告運用だけでなく、動画コンテンツのクリエイティブが成果に大きく影響します。コンテンツ自体の継続的な最適化が最も重要です。

詳細を説明いたします

どんな経路をたどっても、もらさずCVにつなげます。

一見シンプルなYouTube動画広告ですが、CV獲得を目指すなら、使い方次第でその効果は大きく変わります。視聴ユーザーがどのような行動をとっても、潜在客を漏れなくCVに繋げる為に、各ルートに対しての適切な施策の実施と、リマーケティング機能による継続的なアプローチが重要です。

潜在ニーズにささる。こぼさない。ムダもない。

CVパスの設計ができたら、AdWordsでのキャンペーン設定です。
ターゲットに的確に届き、かつ、設計したパス通にCVを獲得できるように漏れなく設定を行なっていきます。

広告フォーマット設定

3種類の広告フォーマットから選択ができます。いずれのフォーマットも自社広告を見てもらえる“機会”ですので、最初は全てのフォーマットを選択しましょう。

キーワード設定

YouTube広告の中で、唯一フリーワードで配信設定できるのがインサーチ広告です。
他のターゲティングに比べて、より精度高く配信できる項目ですので、様々な確度から検討してキーワードを選定しましょう。

Tips:インタレスト設定・キーワード設定の考え方

動画広告は通常の検索広告とは異なるので、インタレスト設定やキーワード設定の項目は、自社サービスが属するジャンルやキーワードを設定するだけでは不十分です。
自社サービスのターゲットユーザーがどんなジャンルの動画に興味があるか、どんなキーワードで動画を検索しそうかを想像して設定することが重要です。

オーバーレイ広告設定

動画広告から自社サイトに強く誘導できる方法が「オーバーレイ」です。
動画の上に被せて掲載出来ますので、広告動画の内容を簡潔にまとめたり、補足する為に使うこともできますし、広告文やサムネイル画像のクリエイティブ次第では、動画を見ずにクリックさせることも可能です。

リマーケティング設定

動画コンテンツ視聴がユーザーの主目的であることを考えると、どれだけ広告内容に興味があっても、その時すぐにCVにつながらないことは充分に想像出来ます。
これらのユーザーを取りこぼさないためにも、リマーケティング広告の設定は重要です。

動画に対するユーザーのアクションによってリマーケティングリストを分けることも可能。

もっともっと効果を実感する。

YouTube広告でも、他のネット広告と同様、常に高い効果が得られるように広告効果をウォッチしながらの最適化が重要です。

Google AdWordsでの検証

ターゲット設定

  • ・設定したターゲットで効果に繋がっていないターゲットはないか
  • ・効果の高いターゲットの周辺を拡張することで、更にターゲットを獲得できないか

キーワード設定

  • ・設定したターゲットで効果に繋がっていないターゲットはないか
  • ・効果の高いキーワードの周辺を拡張したり、複合ワードを設定することで更に幅広くターゲットユーザーにリーチ出来ないか

オーバーレイ広告設定

  • ・オーバーレイ広告はクリックされているか(CVにつながっているか)
  • ・効果の高いタイトルやテキストの組合せはどれか
  • ・タイトルやテキストのクリエイティブを変更・増加しABテストを実施

リマーケティング設定

  • ・リマーケティング広告からの流入はとれているか
  • ・広告動画とリマーケティング広告との整合性はとれているか
  • ・CVRやCTRの高いユーザーアクションはどれか

動画広告の成果の核心、“動画を磨く”。

動画広告では、多くの情報を伝えられる長さを持つ分、コンテンツ自体のチューニングの幅も大きく広がります。また伝えたい情報をより"見てもらう"為の工夫や調整も必要です。

YouTubeアナリティクスでの検証

視聴維持率で動画の構成を見直す。

YouTubeアナリティクスで視聴維持率を見れば、どこまで動画を見てもらえているかがわかります。伝えたいメッセージが離脱地点までに含まれていない場合は、離脱されるまでに伝えられるように構成を変更することが必要です。

視聴維持率で動画の展開を見直す。

視聴維持率を見れば、どの地点でユーザーが離脱しているかがわかります。動画を最後まで見てもらえるように、主に離脱しているポイント周辺で、もう一段続きに興味を持ってもらえるような展開を用意します。

ユーザー層で動画の表現方法を見直す。

YouTubeアナリティクスでは性別や年令などのユーザー層がわかります。どの層のユーザーに見られているかを自社のターゲットとするユーザー層と比べることで、よりターゲットユーザーに刺さりやすい表現方法(テイスト・ナレーションなど)を見直します。

  • もらさずCVに繋げる:CVパス設計
  • ターゲットに確実に届ける:広告設定
  • 効果を伸ばすして磨く:チューニング

設計から調整まで全部お任せ下さい

動画のプロだからできる最大の効果。TrueView広告運用代行サービス。月額5万円。月額固定費用。最低予算ナシ。最低契約期間1ヶ月。

この金額(価格)、この内容だから、先ずは気軽に試してみませんか?

まずはお気軽にお問い合わせ

LOCUSの動画広告運用の強み!

「誰に」「何を」「どう伝えて」「どう動かすか」それを一番知っているのは動画制作会社です!

TrueView広告はサービス開始からまだ1年。実は、ネット代理店もまだ充分なノウハウはありません。

大手企業から先進ベンチャーまで1000社以上の取引実績があるから安心

全国規模の大手企業様 から ベンチャー企業まで、累計社以上・本以上の映像制作実績が価格と品質にご満足いただけている何よりの証し。お客様からのご紹介も多く頂いております。

まずはお気軽にお問い合わせ

セット紹介

TrueView広告は運用次第で効果が違う。広告運用もプロに任せてみませんか?

動画広告制作セット割:動画制作と広告運用をセットで頼めば費用を抑えて効果はUP

40%OFF

動画広告はコンテンツのクオリティと運用の仕方でその成否が決まります。
動画の制作とTrueView広告の運用をセットでご依頼いただければ、その効果を最大化できます。

動画広告制作サービス詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページTOPへ